経営悪化した時の3つの対応策

Pocket

ここ最近、売上が減少してきており経営が悪化してきている。

このままいけば、いずれ資金繰りがショートしてしまう。

そこで、本日は経営が悪化してしまった時の対処法をお伝えしていく。

弊社がクラアント様に実際にお伝えしている内容をお伝えしていく。

1.支出を減らす

ここから、経営が悪化している場合の対処法についてお伝えしていく。

経営が悪化している場合は、まずは支出を減らしていくことが必要がある。

1-1.リスケをする

経営が悪化してきて銀行に融資を断られ場合は、リスケを検討するといいだろう。

リスケとは、銀行の毎月の返済を減らす方法である。

例えば銀行への返済が毎月100万円程ある場合は、毎月の返済をゼロにできる方法である。

これができれば、資金繰りの改善効果は高い。

銀行の返済をリスケする方法は、こちらの記事「元銀行員が教える!1ヶ月で資金繰りを改善できるリスケジュールという方法」で詳細に説明しているので参考にしてほしい。

1-2.経費削減をする

経営が悪化している場合は経費削減に取り組む必要がある。

経費の削減をする際は決算書などを見て、何にいくら経費が使われているかを経営者が知らなければいけない。

まずは、接待交際費などの経費を削減していく。

接待交際費で売上に結び付かないものは積極的に削減していく。

無駄な経費の削減できたら、経費の項目で金額が大きい経費を削減するようにすると効果が高い。

例えば、保険料の支払いが多い場合は保険を見直したり、広告宣伝費で費用対効果が悪いものは削っていく必要がある。

経営責任を取る意味で役員報酬の削減をしていく必要もある。

経費削減策のいい所は、確実に支出が減るため効果がすぐに出ることである。

売上の増加策については取り組みをしてもすぐに効果が出ない場合が多いので、まずは経費削減に取り組んでほしい。

2.経営悪化の原因を分析し戦略と戦術をたてる

経費の削減に取り組んだら、並行してなぜ売上と利益が落ちているのかの経営悪化の原因分析してほしい。

中小企業が多い経営悪化要因は、商品やサービスの差別化ができずに価格競争に巻き込まれることである。

価格競争に巻き込まれると徐々に利益は減少していく。

まずは経営悪化の原因をしっかりと把握してほしい。

経営悪化の原因がわかれば対策をたて戦略を決めて戦術を考えていく

戦略とは

  • だれに売っていくのか
  • 何を売っていくのか
  • どこで売っていくのか

を考えることである。

戦略を考える上では差別化をする意味で、自社のもっとも強い客層に販売ターゲットを絞ってほしい。

例えば

・男性の30代に強いので30代の男性にターゲットを絞る

・商品でよく売れているものに絞って販売する

・地域をお店の半径1キロ以内に絞って販売していく

などである。

中小企業の戦略で有効なのはターゲットを絞り込むことであり、ターゲットを絞り込むことにより大企業にも勝てる。

中小企業は人・物・金の経営資源が乏しいため、ターゲットを絞り、そのターゲットに経営資源を集中させていくことが有効である。

戦術は上記のターゲットにどのような方法で売っていくのかということである。

戦略を決めたら、ターゲットに対してどのような方法で販売していくかの戦術を決める。

戦術を決める際は絞り込んだターゲットに訴求しやすい販売方法をとっていく。

例えば20代の若者向けに販売するのであれば、スマホでのインターネットを使った営業方法は訴求しやすいなどである。

経営悪化を分析し、その対応策として戦略と戦術を考えて実行していくことが重要である。

まとめ

経営が悪化した対応策は

まずは効果が確実に出る

  • リスケをする
  • 経費の削減をする

を優先的に取り組んでほしい。

その上で売上と利益を回復させるために、ターゲットを絞り込み(戦略を立て)、ターゲットにあった販売方法(戦術)を実行していってほしい。

Pocket