資金繰りが悪化すると銀行からのお願い営業が増える?!

Pocket

経営者の方で資金繰りが苦しくなって以降、銀行からお願いされることが増えたご経験はありませんか。

実は資金繰りが苦しくなったら、銀行や信用金庫はここぞとばかりにお願い営業をしてきます。

そもそも銀行や信用金庫からお願いされるものにはどんなものがあるのでしょうか?

クレジットカード、カードローンのお願いの場合

銀行や信用金庫が業務の一環として行っているのがクレジットカード系の業務です。

しかし、大抵のお客様は既にクレジットカードを持っている方がほとんどなのであまり作ってはくれません。

けれども、営業の渉外係は一人何件というノルマがあるためお願いできる先を探さなければなりません。

そこで、目をつけられるのが資金繰りが悪化した自分の担当先です。

経営者の立場からしたら、融資をうけてなんとか資金繰りを繋いでいる状況です。

その状況で銀行や信用金庫からの依頼はものすごく断りにくいと思います。

もちろん、助けてもらってるから協力してあげるのもありだとは思いますが、結構な金額の手数料をとられたりするものについてはお金がないからといって断るようにしてください。

ちなみにそれを断ったからといって次の融資がでないということはありません。

むげに断るのは担当者の怒りを買うかもしれませんので事情を説明すればわかってくれると思います。

資金に余裕がないのは担当者なら十分にわかっているからです。

積立式定期預金のお願いの場合

たまに資金繰りが厳しいのに積立式の定期預金をお願いされることもあります。

基本的にお金がないことは担当者もわかっているので強くはお願いしてこないとは思いますが、少額でもいいからという場合もあります。

その場合は協力できる範囲でしてあげてもいいでしょう。

積立式定期預金は基本的にお金が減るものではないので協力できるならしてあげてもいいと思います。

ただ、資金繰りが厳しくなって積立式定期預金を解約しようと思ったら相手の金融機関から融資の補填のためと断られるケースもあるので少額にしておきましょう。

何かよくわからない商品のお願いの場合

これはまずはしっかりと説明を聞いてください。

判断基準は基本的には無料のもの損失がないものについてはできる範囲で協力してもいいでしょう。

お金がかかるものやあまりにも手間がかかるものについてはやめておきましょう。

まとめ

資金繰りが悪化した場合、金融機関からどんどんお願いが増えることがあります。断りにくい状況もありますが線引きはしっかりとしておきましょう。

基本的には結構なお金がかかるものについてはお金がないことを説明して断るようにしてください。

担当者もノルマもありますが自分の担当先を想う良心もあると思うのでわかってくれるとおもいます。

最後に銀行や信用金庫からのお願いを全て聞いても融資がでない時はでないのでやらなかったから融資がうけなれなくなると思うのはやめてください。

Pocket