保証協会付き融資はいくらまで借りれるのか?


今日は保証協会付き融資でいくらまで借りれるかについて書いていきたいと思います。

世の中の半数以上の中小企業は保証協会付き融資をうけられていると思います。

保証のないプロパー融資は銀行や信用金庫にとっては不良債権になるリスクがあるため、あまり出したがらないからです。

よほど財務内容が良好でない限り、担当者は保証協会付き融資ですすめてくるでしょう。

ただし、保証協会付き融資にも限度額というものがあります。

保証協会付き融資の限度額について

保証協会付き融資は無限に出るわけでなくもちろん限りがあります。

原則、担保なしで8,000万円、担保ありで2億円の合計2億8,000万円までが借入れできる限度額です。

リーマンショックなどの時には特例はありましたが原則2億8,000万円が最大です。

プロパー融資がうけられない中小企業はこの限度額を知らないと本当に必要な時に借りられなくなってしまうことがあるので気をつけてください。

保証協会の融資限度額は売上によって変わってくる

たまに経営者の方からうちの会社はまだ保証協会の枠が残っているのに借りられないとおっしゃるかたがみえます。

例えば運転資金融資の場合で売上が1億円の会社に無担保で8,000万円の融資はまずないでしょう。

それは、運転資金の融資の場合は月商の3ヶ月分程度が相場だからです。

無担保8,000万円を使い切るための月商を計算してみましょう。

8,000万円÷3ヶ月=2,6666・・・・万円となります。

つまり、月商が約2,670万円程あれば無担保の枠8,000万円を使いきれる可能性があるということです。

月商が2,670万円ということは年間の売上は約3億2,000万程必要になります。

無担保の枠を使い切るためには3億2,000万円程度の売上が必要になるのです。

もちろん無理して使いきる必要はないですがね。

必要のない保証協会付き融資は借りてはいけない

銀行や信用金庫の担当者は必ず保証協会付き融資をすすめてきますので必要がない時は極力借りないようにしてください。

極力としたのは新規取引の銀行や信用金庫は返済実績を重視する場合もあるので保証協会付き融資の返済実績を残すことも場合によっては必要だからです。

ただし、既に取引のある金融機関から長期の保証協会融資をお付き合いで借りることはしないでください。

銀行や信用金庫は貸せる先には限界まで貸す風潮があるため、お付き合いで借り続けてしまうと借金まみれになる可能性があります。

銀行の担当者の頼みを断れないお人好しの経営者の方は借金が増大する可能性が大ですので気をつけてください。

業績が悪化して本当に苦しくなった時に保証協会の枠がありませんでしたということがないように注意してください。

まとめ

保証協会付き融資は無担保で8,000万円、有担保で2億円の合計2億8,000万円しかありません。

そして借入れできる金額は売上によって変わってきます。

銀行から借入れがある経営者の方は一度、自社の借入の内訳を担当者に確認してみるといいでしょう。