資金繰りを悪化させる!銀行が融資を断る理由


銀行が融資を断る理由で一番多いのは?

経営者の方で銀行に融資を申込んだが断られてしまったという場合、

資金繰りが苦しくなることが多くあります。

まず、銀行が融資を断る理由で一番多いのが業績に対して借入が多すぎる場合です。

簡単に言うと今の業績ではこれ以上借入を増やしたら、返済ができないと判断されるのです。

業績の良くない中小企業の融資はたいてい保証協会付きの融資を使うのですが、

保証協会の担当からこれ以上は出せないと言われてしまう場合が多いです。

ですので銀行はプロパー融資以外は保証協会がダメといえば融資を断ることがほとんどです。

融資を断られた理由をしっかり聞く

私が資金調達コンサルティングをする場合で経営者の方になぜ融資を

断られたのかを聞くと明確な理由がわからないとおっしゃる方がいます。

融資を断られるには必ず理由があります。

銀行の担当者が曖昧な断り方でしたらしっかりとなぜ、ダメなのかを聞いて

いただければ、次に融資をうける際の対策がうてますので理由は

しっかりと聞いていただいた方がいいと思います。

メイン銀行以外に申込みをすれば審査が通る場合もある

銀行によっては稀に保証協会の融資の審査が通っても融資を出さない場合も

ありますので必ず複数の銀行に融資の相談をする必要があります。

なぜ、そのようなことが起こるかというと保証協会付きの融資は焦げ付いた場合

80%しか保証してくれない場合が多いからです。

残りの20%は焦げ付いた場合、銀行の損失になるので保証協会が融資を保証する

といっても銀行が融資を出したくないという場合も出てくるということです。

複数の銀行から融資を断られた場合の対策は!?

では、複数の銀行に融資を依頼して断られてしまった場合どうすればいいのか。

経営者の方の一時的な選択肢としては大きく2つあると思います。

①親族、ノンバンクや街金から借りて資金繰りをまわす方法

②銀行の返済のストップさせるリスケ、営業ができる程度にその他支払いを削減して資金繰りをまわす方法

 

(銀行返済をとめるリスケの方法についてはこちらを参考に

元銀行員が教える!1ヶ月で資金繰りを改善できるリスケジュールという方法

 

どちらを選ぶかによって今後の資金繰りは大きく変わってくるでしょう。

本当に一時的なら①の方法でもいいと思います。

ただ、今後も今の状況が続くようなら絶対に②の方が得策だと思います。

理由は①は親族以外は非常に金利が高い場合が多いからです。

借りた後に利払いの負担が大きくのしかかってきます。

あと、収入ー支出=マイナスである限り永遠に借り続けなければならないからです。

②の場合は支出を削減する方法ですので借りて凌ぐ①の方法とは違います。

ただ、②の支出を削減する方法も限度がありますので資金繰りをまわすだけでなく

収入を増やす=売上を増やすことに力を入れていく必要もあります。

まとめ

資金が足りなくなったら銀行に融資をお願いすればいいなどの

考えはやめてください。

銀行頼みの経営は非常に危険です。

銀行をあてにし過ぎると、これ以上融資は出せないという事態になります

ので経営者なら自社の決算内容はわかるようにしていただければと思います。