銀行は支店長によって融資の方針が変わることがある

Pocket

銀行は支店長によって融資の方針が決まる

いろいろな方からよくご質問されるのですが支店長が変わったとたん

急に融資の審査が厳しくなったけどなんでということを聞かれます。

まず、銀行というところは超縦社会であり、支店長のいうことは誰も逆らいません。

支店の中では絶対の権限を支店長は持っています。

そのため、担当者が融資を出したくてもこの会社に融資はしないと

支店長から言われてしまうと従うしかないのです。

中小企業の経営者にとったら融資の方針は死活問題ですから

とても重要なことなのですが、支店長が代わることによって

融資が厳しくなることもあるのです。

支店長もノルマに追われている

支店長の方針により融資の方針は決まりますが、どこの銀行も同じですが

支店には当然ノルマがあり、支店の融資量もノルマとして設定されています。

銀行が特にノルマを達成しなければいけない時期は、9月と3月です。

9月は中間決算で3月は決算となるからです。

目標に届いていない支店長はなんとかノルマを達成しようとしますので

9月や3月に融資の申込をすれば通る可能性は上がるかもしれません。

まとめ

銀行の融資方針はころころ変わることがあるため、一番いいのが

複数の金融機関と取引をしておき、資金調達ができる先を増やしておくのが

いざというときのリスクヘッジに繋がると思います。

Pocket