事業拡大に失敗した時に行う3つの対処法

Pocket

事業拡大をするために、銀行から借入れをした。

人も採用し、オフィスも新しく賃貸したが、売上が思った程増加しなかった。

そのため、資金繰りが悪化してしまい、このままだと資金ショートをしてしまう可能性がある。

そこで、本日は事業拡大に失敗してしまった時の対応策をお伝えしていく。

弊社がクラアント様に実際にお伝えしている内容をお伝えしていく。

1.リスケをする

事業拡大に失敗したことにより銀行から借入れができなくなってしまったら、リスケを検討するといいだろう。

リスケとは銀行への毎月の返済を減らす方法である。

例えば銀行への返済が毎月100万円ほどある場合、毎月の返済額をゼロにすることができる。

これができれば、事業拡大の失敗で悪化した資金繰りを改善させることができる。

リスケをする方法については、こちらの記事「元銀行員が教える!1ヶ月で資金繰りを改善できるリスケジュールという方法」を参考にしてほしい。

2.経費を削減する

事業拡大に失敗した場合は経費削減も同時に取り組んでいく必要がある。

事業拡大のために増やした支店で、採算があっていない場合は、撤退することも検討する必要がある。

支店を整理することで、毎月の固定費が削減されるため効果的である。

また、賃貸の場合は入居時に保証金を数か月分支払っている場合が多いため、保証金も戻ってくる。

資金繰りがさらに悪化した場合は、賃貸料も支払うことが難しくなるため、そのうち退去することになる。

そうならないために撤退をするなら、なるべく早く決断をした方がいいだろう。

2.人員整理をする

事業拡大をするために採用をした場合は、人員整理をすることも検討していかなければいけない。

人員整理ができない場合は配置換えなどで、赤字にならないようにしていく必要がある。

給料が遅延した場合、外部に情報が漏れて「あの会社は危ない会社だ」などの風評被害もあり、なにより社員のモチベーションが低下し、優秀な社員も辞めていく可能性がある。

そうならないためにも、事業拡大に失敗した場合は増加した固定費を減らすために人員を整理することも必要である。

まとめ

事業拡大に失敗した場合の対処法として

  • リスケをする
  • 経費削減をする
  • 人員整理をする

が効果的である。

事業を拡大する際は、小さく始めなるべく経費をかけずに行うと失敗した時のダメージを少なくすることができる。

チャレンジすることは大切なことであるため、失敗してもめげずに頑張っていただきたい。

Pocket