事業拡大に失敗した時に行う3つの対処法

Pocket

事業拡大をするために、銀行から借入れをした。

人も採用し、支店も新しく作ったが、売上が思った程増加しなかった。

そのため、資金繰りが悪化してしまい、このままだと資金ショートをしてしまう可能性がある。

そこで、本日は事業拡大に失敗してしまった時の対応策をお伝えしていく。

弊社がクラアント様に実際にお伝えしている内容をお伝えしていく。

1.リスケをする

事業拡大に失敗したことにより銀行から借入れができなくなってしまったら、まずリスケを検討するといいだろう。

リスケとは銀行への毎月の返済を減らす方法である。

例えば銀行への返済が毎月100万円ほどある場合、毎月の返済額をゼロにすることができる。

これができれば、事業拡大の失敗で悪化した資金繰りをすぐに改善させることができる。

事業拡大に失敗した場合、売上や利益が増加していないため、銀行からの追加融資は出ないことが多い。

銀行から追加融資を断られた場合は、すぐにリスケを検討した方がいい。

リスケをすると基本的にリスケ中は融資をうけることはできないが、すでに融資をうけることができないのであれば、リスケをした方が毎月の支出を抑えることができるので、資金繰りは改善する。

リスケをする方法については、こちらの記事「元銀行員が教える!すぐに資金繰りを改善できるリスケジュールという方法」を参考にしてほしい。

2.経費を削減する

事業拡大に失敗した場合は経費削減も同時に取り組んでいく必要がある。

経費を削減する際は毎月必ずかかる固定費を削減していくと効果的である。

2-1.支店を減らす

事業拡大のために増やした固定費を減らすために、採算があっていない支店がある場合は、撤退することも検討する必要がある。

支店を整理することで、毎月の固定費が削減されるため効果的である。

賃貸の場合は入居時に保証金を数か月分支払っている場合が多いため、保証金も戻ってくる。

保証金分でも戻ってこれば、資金繰りは若干でもプラスになる。

毎月の収支が赤字の場合は、賃貸料も支払うことが難しくなるため、そのうち退去することになる。

そうならないために撤退をするなら、なるべく早く決断をした方がいいだろう。

2-2.人員整理をする

事業拡大をするために社員を採用をした場合は、人員整理をすることも検討していかなければいけない。

人員整理ができない場合はリストラや配置換えなどで、毎月の収支が赤字にならないようにしていく必要がある。

新規事業の立ち上げのために採用したが新規事業が大赤字という場合は、撤退しないと会社の存続が危ぶまれるケースがある。

そのため、新規事業の今後の見通しが立たない場合は撤退ラインを決めておくことが必要である。

新規事業のために採用した社員がいるがどうしても人員整理ができない場合は、既存事業の配置換えなど既存事業に資源集中することも選択肢の一つである。

資金繰りが悪化し、もし給料が遅延した場合、社内に経営悪化の噂が広まり、優秀な社員も辞めていく可能性があるため、早めに判断する必要がある。

また、外部に情報が漏れて「あの会社は危ない会社だ」などの風評被害もある可能性もある。

そうならないためにも、事業拡大に失敗した場合は増加した固定費を減らすために人員を整理することも必要である。

3.収支をきちんと管理することが大事

事業拡大をするために、人を採用し、支店も増やした結果、売上は増えたが大幅な赤字になったというケースもある。

この場合は、資金繰りは悪化する。

経営者の多くは売上を重視する傾向があるが、売上を増やす目的は利益を増やすためである。

そのため、売上が増加しても利益が赤字ならば、経営を改善する必要がある。

赤字かどうかを把握するためには毎月の月次の試算表を出して、利益の管理をする必要がある。

可能であれば、支店ごとの収支や事業部ごとの収支を試算表に反映してもらえると撤退の判断材料になるだろう。

月次の試算表を出すためには毎月顧問税理士と打ち合わせをする必要がある。

また、毎月の現金の収支を把握するために資金繰り表を作成するといいだろう。

資金繰り表の作成の目的は今後の資金繰りの予測を立てることである。

資金繰り表の作り方についてはこちらの記事「【エクセルのフォーマット付き】初心者でも1日で資金繰り表の作り方がわかる6つの手順」で詳細に解説しているので参考にしてほしい。

事業拡大に失敗した場合は毎月の収支が赤字のことが多いため、毎月の売上・利益と現金の収支をきちんと管理していく必要がある。

まとめ

事業拡大に失敗した場合の対処法として固定費で出ていく支出を減らすことである。

固定費を減らす方法としては

  • リスケをする
  • 経費削減をする
  • 人員整理をする

が効果的である。

事業を拡大する際は、小さく始めなるべく経費をかけずに行うと失敗した時のダメージを少なくすることができる。

チャレンジすることは大切なことであるため、失敗してもめげずに今後の経営を頑張っていただきたい。

Pocket