元銀行員が教える!1ヶ月で資金繰りを改善できるリスケという方法


売上が低迷すると、資金繰りが厳しくなる。さらに銀行への毎月返済、追加融資の拒否が重なると、会社の資金が尽きるおそれも出てくる。

そんな時、1ヶ月で資金繰りを改善させるリスケという方法がある。

今回は、銀行員時代の経験をもとにリスケの詳細についてお伝えしていく。ぜひじっくり理解した上で、実践してみてほしい。

1. リスケ(リスケジュール)とは

リスケとは銀行や信用金庫への毎月の返済を猶予したり減額したりできる方法だ。

リスケのメリットは、毎月の返済額が軽減されることだ。

例えば会社の借入金が1億円あり、毎月の返済額が100万円の場合、銀行への毎月の返済額を50万円や0円にすることができる。

0円にできれば、毎月返済していた100万円が会社に残り、支出が減るため資金繰りは改善される。

ただし、リスケをしても銀行への利息分は支払っていかなければいけない。

2.リスケのデメリット

リスケには毎月の返済額を軽減できるという大きなメリットもあるがデメリットもある。

2-1.リスケ中は追加融資が難しくなる

リスケの期間中は返済が通常通りできないということなので新規の融資はうけづらくなる。

銀行としてはリスケをすると融資をだしづらくなるため、手形割引も断られる場合がある。

 

ただし、最近はリスケ後でも追加融資をうけられることもあるため、リスケについて過度に臆病にならないでいただきたい。

また、リスケをした銀行で手形割引を断られても、リスケをしていない他の銀行で手形割引の枠を作っておけば、融資をうけられるため、手形割引を他の銀行でもできるようにしておくべきだろう。

手形割引は、手形決済の前に現金化して融資をうける方法のこと

手形貸付は、手形を差し入れて短期的に融資をうける方法のこと

2-2.利息は支払わなければいけない

リスケをすれば毎月の返済額を減らすことはできるが銀行への利息分は支払わなければいけない。

リスケをしてもすぐに売上が回復しない場合が多いため、元金は減らずに銀行に利息ばかり支払うことになる。

2-3.金利の引き上げを要求される場合がある

リスケをするとき、金利の引き上げを要求される場合がある。

引き上げ幅は、0.1%から0.2%程度が多い。

例えば当初の金利が1.5%の場合、リスケをするなら金利を1.7%に上げさせてほしいという具合だ。

ただし、当初の金利が固定金利の場合は、契約期間同じ金利が適用されるため、リスケをしても金利は変わらない。

銀行が金利の引き上げを行う理由は、リスケした会社は倒産する確率が高いと判断され、銀行側がリスクに見合う金利をもらうためである。

また、一度金利を引き上げられた場合は、リスケを解消した後も引き上げられた金利のまま返済していくことになる。そのため、簡単に金利引き上げを承諾してはいけない。

2-4.信用保証協会の融資をリスケすると保証料がとられる

リスケをすると、信用保証協会の保証料が別途とられる。

保証料については現在の借入残高、リスケする期間によって変わってくるので確認が必要だ。

3.リスケの手順

ここからはリスケをする手順についてご説明していく。

3-1.リスケに必要な書類

リスケをするには銀行に自社の業況を説明して納得してもらう必要がある。

そのために以下の3点の書類は必ず必要になってくる。

①直近の試算表

試算表は、現状でどのくらい売上が減少したのか、またはどのくらい赤字がでているのかを、銀行側が把握するために必要となる。

試算表については税理士に依頼して一番直近のものを用意しましょう。

②資金繰り表

資金繰り表とは会社の資金の流れを表した書類である。

今後6ヶ月程度の資金繰り表を作成することにより、いつ会社の資金が尽きるのかが予測できる。下図が資金繰り表の例である。

資金繰り表全体1

 

資金繰り表の作り方については「初心者でも1日で資金繰り表の作り方がわかる6つの手順を参考にしていただきたい。

銀行が資金繰り表を見るポイントは、

・このまま銀行返済を続けるといつ会社の資金が尽きるのか

・銀行返済をとめることによって会社の資金が尽きるのを回避できるのか

ということである。

今後6ヶ月程度の資金繰り表を作成し、リスケをすれば倒産を回避できることを説明することが必要である。

③経営改善計画書

経営改善計画書とは、どのように経営を改善していくかを示した書類だ。

銀行としては返済を止めるため、今後どのように返済をしていくつもりなのかを知りたいのである。

リスケを認めてもらうために必要なことは、経営改善計画書を作る上で明らかに達成できない売上目標や利益目標で作成しないことだ。

明らかに達成できなさそうな計画については、銀行がリスケを認めない場合もあるので注意が必要である。

そのため売上や経費の計画は厳しめに見積もるくらいでちょうどいいだろう。

 

試算表、資金繰り表、経営改善計画書の用意ができたら次は銀行に交渉に行く。

3-2.銀行に相談する

資料の準備ができたら、次は銀行に相談しにいく。

そこで相談する内容としては、

①返済が苦しい理由 (試算表)

②返済金額をいくらまで減らしたいのか (資金繰り表)

③いつから返済金額を減らしたいのか (資金繰り表)

④今後どのように返済していくのか (経営改善計画書)

以上の4点だ。

これらを、カッコ内の資料を元にして銀行員に説明していくとスムーズに話が進むだろう。

またここでの注意点としては、リスケジュールをする際はまずメインバンクに相談することだ。

メインバンクの定義は一番借入額が多い銀行を指す。

メインバンクに相談した後は、借入があるすべての銀行などに相談する。

メインバンク以外の銀行から相談してしまうと「メインバンクが了承するならリスケジュールを実行します」と言われるため、必ずメインバンクから相談する必要がある。

4.リスケジュール時の注意点

ここからはリスケをする際の注意点についてご説明していく。

注意点を無視するとリスケに応じてもらえないことがあるため、しっかりと確認していただきたい。

4-1.すべての金融機関でリスケを同時におこなう

リスケをする場合には、借入のある金融機関すべてを同時に行わなければいけない。

なぜなら一方の金融機関はリスケをして、もう一方の金融機関ではリスケをしなかった場合、金融機関同士で不平等になるからだ。

これを無視すると、リスケを相談をした方の金融機関から、リスケを認めてもらえなくなるだけではなく、その金融機関との関係も悪化するため、注意が必要である。

4-2.按分により返済額を決定する

返済を少額でもする場合は注意が必要である。

なぜなら、返済額は按分によって決められるからだ。

リスケにおける按分とは、金融機関ごとの借入額に応じて返済額を決める方法である。

以下は、リスケをする前の返済額毎月50万円から、毎月10万円に減額した場合について解説したものだ。

按分の事例

A銀行        借入3,000万円

B銀行        借入2,000万円

借入合計           5,000万円

リスケ後の毎月返済額   毎月10万円

この場合、A銀行は借入合計5,000万円に対して3,000万円借入がある

ため10万円の返済のうちの60%(3,000万円/5,000万円)、つまり毎月6万円返済する。

一方でB銀行の場合は、借入合計5,000万円に対して2,000万円借入があるため、10万円の返済のうちの40%(2,000万円/5,000万円)、つまり毎月4万円を返済する。

以上が按分による返済の例である。

返済を少額でもする場合は、経営者が自由に各金融機関への返済額を決められるのではなく、借入の按分に応じて金融機関への返済額が決まるので注意が必要だ。

4-3.期間は6ヶ月に設定する

リスケをする場合は6ヶ月単位で見直すのが通常だ。

銀行は業績が回復したら、できるだけ早く通常返済に戻したいため6ヶ月単位での見直しをする。

そのため、1年のリスケはあまり承認してもらえない。

また、保証協会を利用して借入しているものを1年リスケすると、1年分のリスケの保証料が必要になる。リスケに際しての保証料の金額は借入されている額にもよるが、1年分の保証料を払うより6ヶ月分の保証料を払う方が現金の支出が少ないため、リスケの期間は6ヶ月単位で見直した方がいいだろう。

 

4-4.実行までに1ヶ月程度かかる

リスケジュールをするには最低でも1ヶ月程度かかると思っておいていいだろう。

1ヶ月程度時間がかかる理由は金融機関側も書類を作成しないといけないためである。

そのため資金繰りがギリギリになる前にリスケの依頼をする必要がある。

リスケの実行は返済日に合わせて行うため、例えば返済日が月末でリスケの依頼を20日にした場合、実行日は来月の月末になる可能性がある。

まとめ

売上が低迷した時や銀行から融資を断られた時はリスケが効果的だ。

リスケを実行することにより、銀行への返済額を減らすことができるため、資金繰りは改善するだろう。

ここで紹介しているリスケの方法を実践していただければ、銀行との交渉がスムーズにいき、リスケを承諾してもらいやすくなる。